『私鉄王国』と形容される関西地方。近鉄、京阪、南海、阪急、阪神の大手私鉄5社が、しのぎを削っている。2018年、新たにOsaka Metroが誕生した。現在、大手私鉄とはされていないが、大手5社に匹敵する規模を誇っている。本作では、走行シーンをメインに、前面展望や貴重なアーカイブ映像を織り交ぜながら、各私鉄の魅力に迫っていく。

登場する関西の鉄道会社

南海電気鉄道 ラピートを擁する南海電気鉄道。現存する全国の私鉄の中で最古の歴史を持つ。ルーツである阪堺鉄道の開業から、南海電気鉄道の誕生までを紹介する。
阪神電気鉄道 日本最初の都市間電気鉄道。軌道線として誕生した理由とは。短い駅間でのストップ&ゴー。『ジェット・カー』は初代からすごかった。
大阪市高速電気軌道 愛称『Osaka Metro』。2018年4月から私鉄としてのスタートを切った。大手私鉄に匹敵する規模を誇っている。全路線を紹介する。
京急電鉄 800形◇1500形◇2000形◇1000形◇イエローハッピートレイン◇ブルースカイトレイン◇2100形
京阪電気鉄道 京都・大阪を結ぶ大手私鉄。京阪電気鉄道には『日本初』、『私鉄初』が多く存在している。あのロマンスカーも、実は京阪電気鉄道で誕生していた。
阪急電鉄 阪急電鉄はその創業時代からユニークであった。沿線人口の少ない郊外に路線を敷設。赤字になると思われたが、創業者『小林 一三』には秘策があった。
近畿日本鉄道 日本最長の営業キロを持つ近畿日本鉄道。母体となった大阪電気軌道をはじめ、様々な鉄道会社の集合体でできている。その成り立ちを紹介する。

ギャラリー

特急ラピート

南海電気鉄道

View more

普通5700系

阪神電気鉄道

View more

30000系

大阪市高速電気軌道

View more

8000系

京阪電気鉄道

View more

6000系

阪急電鉄

View more

特急しまかぜ

近畿日本鉄道

View more

鑑賞料金